任意の自動車保険の選び方は業者と保証内容の両面で

まずは保険会社選びから始めなければ

自動車保険には自賠責保険と呼ばれる強瀬保険と任意保険の2つがあります。このうち後者の保険は自由に加入して自由に最適なプランを作成できる保険となります。この後者の保険の選び方で最初にやることは保険会社選びとなります。任意保険の商売をやっている保険会社はたくさんありまして、その中から自由に選ぶことが可能となっています。この保険会社は近ごろは従来通りの代理店型に加えて通販型と呼ばれるタイプが増えてきています。まずはその代理店型と通販型に分類してどちらがよさそうかを比較することから始まります。代理店型の特徴はお住まいの地域内あるいはそれに近い地域に代理店があり、そこの職員が書類作成やプラン提案などをしてくれます。これらの書類作成やプラン提案などは自宅に来てもらって行ってくれます。対して通販型の場合はこれが一切なく、電話またはインターネットサイト上で申し込みをしたら書類が郵送で送られてきて、あとは自分で調べて記入して送り返せのスタイルとなります。ただし一般的には手間を省くことで安くできると宣伝しています。

人身での対人賠償額は無制限にしておくこと

その代理店型か通販型のどちらがいいかを選択して、さらにその中から最適だと感じる保険会社選びをすることとなります。これらは近ごろはインターネット上などでいろんな比較サイトを拝見するなどして参考にすることができます。次に任意自動車保険の選び方は保証内容の詳細なプラン考案作成となります。というのは多くの保険会社では基本的なプランこそありますが、保証内容を細かくできるためにプラン自体もオプションという形で細かく設定できるようになっています。この細かいプラン作成の際に重視するべきことは人身対策となります。人身で相手が死亡とか生涯ずっと後遺症に悩まされるほど重症なケガを負わせてしまった場合、自賠責保険の最高額である3000万円では到底足りず1億を超える場合もあり得ることとなります。そのため人身対策では対人賠償の保証額は極力無制限を選ぶようにする必要が出てきます。

対物賠償や車両保険や弁護士特約などのオプションにも

さらに任意の自動車保険での選び方は対人賠償以外でのオプションをいかにするかにかかっています。そのオプションで最初に考慮するべきは車両保険となります。これは自分の車が損害を負った際に一定額をカバーしてくれるオプションとなります。これがないと車の修理代や新車への代替費用も全額自腹負担となってしまいます。次は搭乗者に対するオプションとなります。車は契約者自身だけしか運転しないとは限らず、その家族も運転する場合もあります。また助手席や後部座席などに家族とは関係ない人を乗せることもあり得ます。なので搭乗者障害保険も追加する必要が生じてきます。さらに最近はモンスタークレーマーなる人の存在が増加してきています。被害者対加害者の直接交渉だと何が起こるかわからないので場合によったら保険会社の人が仲介してくれる弁護士特約などのオプションなども追加検討する必要が出てきます。