任意の自動車保険の見直しポイントは補償内容

対人損害賠償などは無制限で更新をする

自動車を保有するにあたって、自賠責には必ず入らないといけません。自賠責は、対人損害賠償のみを補償してくれますが、上限が決められています。トラブルの相手が亡くなれば3千万円まではこちらで賄えますが、それ以上の補償が必要になると自分で負担しないといけません。一般的な人であれば3千万円ぐらいでよさそうですが、誰がトラブルの相手になるかわかりません。子供や学生、若い社会人の他、所得の多い人が相手になる可能性があります。損害賠償ではその人の所得などが影響することもあるので、人によって大きく金額が変わることを知っておきましょう。今は3千万円では足りないと考えるのが一般的です。足りない分として任意の自動車保険に加入します。自保険の主契約は対人損害賠償になっていて、無制限で加入するのが普通です。見直しのポイントでもそれは守ります。

1年ごとの契約なので毎年変更を検討

任意の自動車保険では、多くの場合1年ごとの更新になります。更新お時期が来ると今加入している会社から連絡が来ます。何もトラブルが無ければ等級が上るので、割引率が上がります。次の年の負担額などが分かります。そのまま入り続けるの良いですが、せっかくなら見直しを検討しましょう。ポイントとしては補償内容をどうするかです。今のままでよいのか、変更が必要かです。自動車を利用する人によって加入の仕方が変わりますが、変化があれば金額も変動します。今の会社のままの方がいいのか、他社の方がいいのか比較しないといけません。車両保険は良く見直すことが多い部分です。必要性を感じなかったり、高級車なら入っておきたいと考える人もいます。保険会社によっては車両保険にいくつかの種類があるので、それを選択する方法もあります。

そのまま入り続けた方が良い可能性もある

テレビコマーシャルなどを見ると、任意の自動車保険は変更すると必ず安くなるように感じるかもしれません。元々が高いところで、安いネット系などに変更すれば確かに安くなります。でも、既にネット系に変更しているならそれ以上に安くなるのは難しいこともあります。安くできるとしても微々たる金額で、補償が大きく変わるリスクもあります。トラブル無を続けることによる等級は、基本的には保険会社を変更しても引き継げます。それ以外に会社独自で継続加入することによる値引きを設けている商品もあります。普通に入ると他社の方が安いが、継続による値引きを摘要するとそのままの方がいいかもしれません。見直しのポイントでは、他社からの見積もりの他、今入っている会社からも見積もりを取って比較してみましょう。保険料は重要な要素ですが、安いだけにこだわるのは良くありません。