自動車保険の任意と強制では拘束と契約内容に違いが

こちらは人身で被害者しか支払われないし適用金額も

自動車保険にはいわゆる任意保険と強制保険の2つが存在します。そしてほとんどの人はそのうちの2つ共に加入をしています。このうち後者のいわゆる強制保険は別の名で自賠責保険と称されています。この2つの保険のうち、1つ目の違いは支払われる対象となります。自賠責の場合は人身で相手にケガや死亡などの被害をもたらした際に国が加害者に成り代わって賠償金を支払うこととなります。その国が支払う賠償金の財源を確保するために自賠責保険制度が存在します。しかしながらこの保険は車や建物など物損被害をもたらしても支払われません。また人身でも加害者自身がケガや死亡をしても支払われません。あくまでも人身で相手が被害者の場合に限られます。しかしその賠償金の適用金額には制限があり、最高でも死亡した場合は3000万円で、ケガの場合には最高でも120万円が限界となります。

加入していないと行政罰則で追及されます

そして自賠責保険の最大の特徴は未加入に対する強制での制裁力となります。未加入のままで運転をすれば1年以下の懲役になるか50万円以下の罰金の制裁を受けることとなります。さらに制裁はそれだけにとどまらず、それだけで運転違反となり免停となります。またその自賠責保険の証明書がないと30万円以下の罰金制裁となります。これらは毎年事実上税金の形で支払うこととなります。なお加入手続きはどこの保険会社でもやっていますが、その金額は一律となります。これに対して任意保険はあくまでも自分自身で判断しての加入の保険となります。そのため法律上では加入しなくても問題がありません。この加入に対する強制力があるかないかが1つ目の違いとなります。しかしこちらの自動車保険は自賠責と違って人身だけでなく物損に対しても支払われます。しかも人身は被害者だけでなく加害者自身に対しても支払われることとなります。

適用金額は契約次第で3000万円を超えられる

そしてさらなる大きな違いはその保険支払いの限度額となります。自賠責保険では死亡した場合に3000万円、ケガで120万円が最高となります。そのためこれを超える金額が請求されると、その分は自腹精算となります。しかしこちらの任意保険では契約次第でその限度額を超えて支払うこともできるようになります。これを実現するために各自動車保険会社では様々な料金体系を構築しています。簡単に言えば限度額を引き上げたければ支払う契約金額も高くなるし、安くしたければそれなりの限度額しか支払われないこととなります。また任意保険の場合は契約している年齢や車種や等級や地域などによって支払う金額が異なります。また会社間によって微妙に金額が違う場合もあります。これは各会社で保険金が支払われた際のデータを詳細に分析したためとなります。